So-net無料ブログ作成

春バテは五月病とうつ病を発症させる?! [うつ病]

woman-1451015_1280-crop-1-compressor.jpg


季節の変わり目である4月は寒暖差が激しく、体調不良を感じる方が多いようです。

さらに新生活をスタートさせる方には様々なストレスが加わり、心身ともに不調を訴える人が続出する時期でもあります。

今、この春先の不調、「春バテ」に視線が注がれています。


ホカホカ暖かいだけなら、お出かけに良い時期なのですが、寒暖差やストレスにより、体のだるさや、頭痛、食欲不振、気が重いといった症状が現れることも多くなるのです。


このような春バテの原因として考えられるのは自律神経の乱れで、女性の8割が春バテ症状を感じているようです。

春バテと症状

次のような症状が認められる場合は、春バテと考えられます。

< 春バテの症状 >

● 精神的に症状

・ イライラする

・ 気力がなくなる

・ 気分が落ち込む

・ 憂鬱感

・ 不安感

・ 倦怠感

・ 孤独感

と言った精神的症状が現れてきますが、身体的な症状も併せて現れてきます。

● 身体的に症状

・ 手足の冷え

・ 肩こり

・ 夜、不眠

・ 昼、眠い

・ 頭痛

・ ほてり

・ めまい

・ 肌荒れ

・ 抜け毛

このような精神的、身体的症状が現れる原因は、先ほども触れた自律神経の乱れによるものです。

自律神経は交感神経と副交感神経がバランスを取って全身をコントロールしていますが、寒暖差が激しくなったり、入学、卒業、入社などの環境の変化、それに伴うストレスが加わることにより、自律神経は乱れることになります。

その結果、上記のような様々な症状が現れて来るのです。

春バテ対策

春バテ対策としては自律神経を正常に戻すことが重要になりますが、副交感神経を優位にさせ、体を休ませることが重要になりますから、次のようにすると良いでしょう。

・ お風呂に入る

炭酸ガスの入っている入浴剤を利用し、温めのお湯に浸って副交感神経を優位にさせます。


・ 首を温める

蒸しタオルなどで首を温めるとリラックス感が増加し、副交感神経が優位になります。


このような対策を施すことで副交感神経は優位になり、春バテに効果が現れると考えられます。


五月病

春バテ対策を完璧にしていない場合は5月にまで症状を引きずり、五月病を発症させる可能性も否定できません。

つまり、五月病は、うつ病に発展するすることも少なくないと言うことです。

ですから、春先の精神の不調、身体の不調の「春バテ」を放置しておくと五月病になってしまい、延いてはうつ病を発症させてしまうと考えられます。


まとめ


春は暖かいと気分は弾みますが、生活環境の変化やストレスにより「春バテ」などの体調不良が起きやすい時期でもあります。

春バテ対策が不十分の場合は、五月病、うつ病を発症させる可能性がありますから、十分気を付けるようにしてください。



うつ病が治る予感!「うつ病改善マニュアル」





nice!(0) 
共通テーマ:健康

うつ病の改善にラジオ体操第三! [うつ病]

0a039919a0bc297e16a5ca8bcd851f8d_s-crop-compressor.jpg


うつ病を患ってしまうと、こんなことが顔に現れると言うことご存知でしょうか?

目の周り、口の周囲が青白くなる!

ご自分の顔を鏡を見て青白く感じていた方もいらっしゃると思いますが、他者の方がもっと顔の異変を感じ取っている場合は多いものです。

誰かが顔色の悪さを指摘したり、指摘する前から顔色が悪いかもしれないと分っていた場合は、外出嫌いになっていることが多いようです。

自分の顔の異変を誰かにとやかく言われたくない、詮索されたくないと言う心理が働いてしまいますから、自ずと外出嫌いになってしまうようです。


うつ病が進行してしまったした場合では、顔色が更に変わると言います。

目や口の周囲が青白かったものが、顔全体が土色っぽくなることもありますから、外出嫌いに拍車をかける状態になるようです。


太陽の光を浴び、外気を吸うことは、うつ病の改善に効果があるのですが、外出嫌いになってしまうと、うつ病のさらなる悪化が懸念されます。


外出することがなければ布団の中で時間を潰すことが多くなります。そして、いろいろ考えることになります。

うつ病のこと、仕事のこと、これからのこと、家族のこと・・・また、眠りに落ち、目覚めれば再び考えることはさっきと同じこと、つまり何度も何度も同じことを繰り返すのが日課になってしまいます。


目覚めてから音が聞こえない生活や部屋に光が射しこまない生活は、否応なく心を塞いでしまいますから、うつ病の悪化に繋がってしまいます。

ですから、朝起きたらカーテンを開け、朝の光を部屋に充満させましょう。

そして、6時30分になったらラジオのスイッチを入れましょう。

ラジオから流れてくるのは、ラジオ体操の始まりを告げる元気な声です。

この元気な声が流れてくることで、塞いだ心にまず光を与えてくれます。


うつ病とラジオ体操

ラジオ体操は全身運動になるため、筋力強化の期待が持てるのです。

ラジオ体操を第一、第二やった時に掛かる時間は6分30秒ですが、全体を通すと10分ほどになります。

たった10分で、疲れを感じることもなく、全身運動と共に気分転換にもなりますから、下手なエクササイズより最も有益な運動がラジオ体操と言えそうです。


しかし、ラジオ体操は第一、第二の他にもあります。ラジオ体操第三はうつ病の改善に効果があるラジオ体操と言われています。


ラジオ体操第三にはうつ病改善効果

ラジオ体操第三は、第一や第二よりやや複雑ですが、ジャンプなども入っていますから、ストレスの発散には効果的ともいえるでしょう。



兎にも角にも一度チャレンジしてみる価値は大いにあると思います。

朝の太陽を全身に受けることで神経伝達物質のセロトニンの分泌が促進され、さらにビタミンDも生成されますから、ラジオ体操第三を行ってからウォーキングをすると、より効果が現れるのではないでしょうか?


まとめ


朝は気分が優れないと言う方もいらっしゃいますが、1日が始まる朝だからこそ全身運動であるラジオ体操をする必要があるでしょう。

そして、うつ病が改善できれば、この上ない喜びではないでしょうか?

うつ病が治る予感!「うつ病改善マニュアル」




nice!(0) 
共通テーマ:健康