So-net無料ブログ作成

うつ病が発症した原因は鉄不足だった! [うつ病]

スポンサードリンク




desperate-2100307_1280-crop-1-compressor.jpg


うつ病が改善しないと言う方が多いようですが、精神科医の藤川徳美先生によると、鉄不足がうつ病の原因になっていると指摘されており、現に鉄分を補う療法で多くの患者さんを改善に導いたようです。


皆さんご存知のことと思いますが、鉄不足になると貧血を起こしてしまいますね。

血液中のヘモグロビンは酸素を運ぶ仕事を担っていますから、ヘモグロビンを構成する鉄が不足すると酸素が行き渡らなくなって、貧血が起きてしまいます。

ところが、鉄が不足すると神経伝達物質の「セロトニン」や「ドーパミン」、「ノルアドレナリン」が作られなくなるのです。

そして、うつ病の症状が引き起こされてしまうことになります。


ヘモグロビン値とフェリチン値

「ヘモグロビン値」の不足状態を「鉄欠乏性貧血」と言いますが、ヘモグロビン値が正常でも鉄不足の症状が現われることがあります。これは鉄を蓄える「フェリチン値」が低いことにより、「潜在性鉄欠乏症」が起きたためです。

うつ病を改善させるためには、このフェリチン値が重要で、下記の基準値を上回るように鉄を摂らなければ、改善は困難かも知れません。

「ヘモグロビン値」と「フェリチン値」の基準値

ヘモグロビン値の基準値は男性で13.0~16.6g/dl、女性で11.4~14.6g/dlほどです。

また、フェリチン値の基準値は男性で15~250ng/dl、女性で5~120ng/dlです。

ng(ナノグラム):10億分の1g



女性のうつ病

女性は毎月生理による出血があり、沢山の血液が失われてしまいますから、貧血になる割合は男性よりも多くなります。

そして、うつ病を発症する女性は男性よりも多いと言う事実があります。


これらのことから、うつ病の原因に鉄が関与しているのではないかと、以前から疑われてはいたようです。

さらに、うつ病を患う方は、多量の汗を掻くことも症状の一つと認められているようです。

汗に何が含まれているかと言うと、カルシウムやナトリウム、カリウムなどの様々なミネラルが含まれております。そして残念なことに鉄も含まれていたのです。

つまり、汗を掻くことで鉄を流失していたのです。

これらのことから、女性は生理で鉄を失ってうつ病を発症し、汗を掻いて鉄を失うことで、さらにうつ病を酷くしているとも言えるでしょう。


最近では、女性と男性の地位も平均化してきており、うつ病の罹患率の差が縮まっているようです。

また、男性の方が女性よりも自殺する方が多いのは、仕事を含めた様々な負担が男性の方が大きいことが影響しているものと思われますが、罹患率と同様いずれ女性も増えてくるのではないかと危惧してしまいます。


うつ病を改善するためには、フェリチン値が基準値以下にならないように、ヘム鉄が含まれる肉類や魚類、貝類などの食材を摂ることが重要ですが、鉄の吸収を高めるビタミンCやタンパク質も一緒に摂ることも大切です。










スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0