So-net無料ブログ作成

スーパーフードにうつ病改善効果はない?! [うつ病]

スポンサードリンク




flakes-1574338_1280-1-compressor.jpg


スーパーフードは美肌、美白、アンチエイジング効果が期待できることから、女性に持てはやされています。

スーパーフード発祥の地であるアメリカが認知、評価しているスーパーフードのうつ病への効果が気になってしまいます。

スーパーフードの会社「サンフード」によれば、スーパーフードとは「12以上の栄養成分が含み、一般的に摂ることが出来る野菜や果物より栄養価が高く、体に必要な栄養素のみ含まれる」と、3条件が示されております。

このようなことから、スーパーフードは野菜や果物とサプリメントとの中間に位置していると言えるでしょう。

しかし、特筆すべき栄養素が全体の何%含まれているのか、何%含まれていればスーパーフードと呼べるのかの明確な定義がなされていないことも、またスーパーフードの未知なる可能性を暗示しているのかも知れません。

スーパーフードが美容に良いということは、研究等で明らかになってはいるようですが、明確に示されていないのが現実のようです。

そんな中、確実に増えつつあるうつ病を、スーパーフードを摂ることで改善に向かわせることが可能か否かが、うつ病に苦しむ方や関係者の注視していることは確かなことでしょう。

スーパーフードに含まれる成分は様々で、共通している成分は無いようですから、今後スーパーフードの一部がうつ病を改善するとしても、全てに効果が現れるかは疑問です。しかし、現実問題として、トリプトファンが倖せホルモンと呼ばれるセロトニンを増やすことは明らかなのです。またビタミンB6もセロトニンの生成に効果が有りますから十分摂ると良いでしょう。

うつ病を改善に向かわせるトリプトファン

セロトニンの分泌がうつ病の改善に効果があると言われてきましたが、セロトニンを分泌させるには、トリプトファンが大きく関係していることを知らなければいけません。

セロトニンを分泌させるトリプトファン

トリプトファンはセロトニンを生成させる働きがありますから、これまで以上にセロトニンを分泌させるトリプトファンが含まれる食物を摂らなければ、うつ病の改善は見込めないのでは・・・と考えます。

トリプトファンが含まれる食材

毎日摂っている食材に含まれるトリプトファンの量は、次のようになります。なお、トリプトファンは成人の体重1kg当たり2mgが必要となりますから、体重50kgでは100mgが1日当たりの必要量になります。

< トリプトファンが多く含まれる食材 >

● 肉類(可食部・mg/100g)
・牛レバー  290mg
・豚レバー  290mg
・鶏レバー  270mg
・牛挽肉    200mg
・豚挽肉    200mg
・鶏挽肉    240mg

● 魚類(可食部・mg/100g)
・マグロ    300mg
・カツオ    300mg
・ブリ      250mg
・アジ      115mg
・イワシ   110mg

● 野菜類(可食部・mg/100g)
・枝豆       120mg
・ホウレン草    51mg
・ブロッコリー  40mg
・春菊            35mg
・キャベツ        9mg

● 卵類(可食部・mg/100g)
鶏卵            110mg

● 豆類(可食部・mg/100g)
・大豆         100mg
・納豆           90mg
・豆乳          80mg

● 果物類(可食部・mg/100g)
・アボカド        125mg
・キウイフルーツ    13mg
・バナナ             10mg


このようなトリプトファンの量から言えば、一般的な家庭の食事では必要量を満たしていると考えても良いのではないでしょうか。


またビタミンB6が含まれる食材は、上記の肉類や魚類にも沢山含まれておりますから敢えて記しませんが、不足することが無いよう、バランスを考えて摂るようにしてください。





スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0