So-net無料ブログ作成

うつ病はセロトニンを分泌させることができれば改善できる!? [うつ病]

スポンサードリンク




sad-2042536_1280-1-compressor.jpg


うつ病を患っておられる方などは、セロトニンを分泌させることが、うつ病を改善させるためには必要なことだと理解していると思います。

うつ病に効果があると言われセロトニンを分泌させるために、様々な方法が語られてきております。

それは・・・

・朝起きたら太陽光を浴びる
・規則正しい生活をする
・軽いリズム運動をする
・バランスの取れた食事を摂る

・・・などが、推奨されております。

これらは、正しいでしょう。


しかし、これだけでセロトニンが分泌されるとは、考え難いと言わざるを得ません。

なぜなら、セロトニンが分泌される状況ができていないにも関わらず、急かしているからに他ならないと言って良いでしょう。


脳幹にある、セロトニン神経という神経細胞からセロトニンは分泌されますが、これが固くなった状況ではスムーズに分泌されないということです。

外側から、分泌に効果がある方法などでアプローチしながら促しても、効果はさほど出ないと考えます。

うつ病になった原因

うつ病に至った原因は、セロトニンの分泌が盛んではなかったこと!

つまり、長い期間セロトニンが分泌されていなかったことが、うつ病になった原因の一つになっていると考えるのが適当なのではないでしょうか。



固くなってしまった神経細胞を揉み解すことが出きれば、セロトニンは滞ることなく分泌されると考えます。

結果、うつ病の改善に繋がるということになります。


「北風と太陽」と同じ考えから言えば、無理に分泌させるようにするのではなく、まず神経細胞に刺激を与えてセロトニンが分泌することを思い出させることが重要なのではないでしょうか。

そのためには神経細胞に癒しを与え、思い出させるための癒しを与えることがポイントになると考えます。


つまり、井戸堀りに例えると、なかなか出てこない井戸の水であってもポンプ内に水を入れることが呼び水となって水は出てきます。

これがセロトニンの分泌を促すきっかけにも当てはまるのではないでしょうか。


セロトニンが分泌されるように様々な方法を試しても、なかなか思うようにうつ病が改善されない、効果が認められるほどセロトニンは分泌されていないと考えられます。

セロトニンの分泌を高める方法

呼び水効果と同様に、まずセロトニンを分泌する神経細胞を癒すことが重要と考えると、かつてお話しした犬や猫など、動物の癒し効果を用いる「アニマルセラピー」やぬいぐるみとコミュニケーションを持つ「ぬいぐるみ療法」がうつ病の改善に効果があることは、容易に察することができます。


ここでは、犬や猫を例に挙げましたが、まず最初に癒せるものと接することが重要です。


心から微笑むことが出きるもの、和む動物などと接することが出きればセロトニンは引き出されるでしょう。
そして、その後にセロトニンが分泌させる方法を行うことが出きれば、うつ病の改善効果がより現れると考えます。













スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0