So-net無料ブログ作成

【ぬいぐるみ療法】うつ病の改善に効果的!? [うつ病]

スポンサードリンク




teddy-1226991_1280-crop-1-compressor.jpg


子供の頃、ぬいぐるみに話しかけたり、抱きしめたりして遊んだことがある人は沢山いらっしゃると思われます。

子供が泣く原因は様々ですが、ママやパパに構ってもらえなかったり、食事やトイレトレーニングが上手に出来ない、親に叱られる、家庭内トラブルなどのストレスを泣くことで解消している場合もあるようです。


そんな時、子供は身近にあるぬいぐるみや人形に話しかけたり、抱きしめたりして、自分を元の真っ新な状態に戻そうとしているとも受け取れます。


子供がぬいぐるみとスキンシップやコミュニケーションを持つことは、成長する上で重要且つ必要なことと言えそうです。

ぬいぐるみとスキンシップ、コミュニケーションを持つことで、どのような効果があるかと言うとセルフヒーリング効果があると言われています。

つまり、自分の精神状態を投影し、自らを慰めるという効果が得られるということです。


うつ病を改善させる上で重要なのが、脳内物質の「セロトニン」や「ドーパミン」などですが、ぬいぐるみとコミュニケーションを持つことでセロトニンは分泌されやすくなります。

倖せホルモンと呼ばれるセロトニンが分泌されやすくなれば、ストレスが軽減されると共に精神の安定を図ることも可能になっていきます。

以上のことから、ぬいぐるみを使ったぬいぐるみ療法は、うつ病の改善に効果が期待できると言って良いでしょう。

ぬいぐるみ療法


ぬいぐるみ療法では、セロトニンの分泌を促しますが、「オキシトシン」と言う脳内物質も分泌させます。

ぬいぐるみ療法は、ぬいぐるみを抱きしめるだけでいいのですが、時には話しかけてことで、落ちつけて癒されて行きます。

オキシトシンとは?

オキシトシンは「愛情ホルモン」や「抱擁ホルモン」と言われており、ストレスの軽減、更に安心感や幸福感と言った精神に良い効果をもたらしてくれます。

オキシトシンの効果

オキシトシンはパートナとのコミュニケーション、スキンシップにより分泌させることが出来ますが、ぬいぐるみなどであってもスキンシップすることでオキシトシンの分泌は十分望めるようです。


オキシトシンの効果を更に見てみると、ストレスの解消、リラックス効果、幸福感、鎮痛効果、不安感や恐怖感の軽減などになりますから、うつ病を改善させる一つの方法として「ぬいぐるみ療法」を取り入れて見るのも良いのではないでしょうか。

他にも若返りや記憶力が良くなると言った効果もあるとのことです。

ぬいぐるみ療法の弱点

ぬいぐるみ療法にも弱点があります。

うつ病を改善する効果が期待できるものの、ぬいぐるみに重点を置いた生活になりやすくなるため、会社や学校に馴染めなくなる危険もあります。


うつ病を改善するには薬物療法や精神療法の中にぬいぐるみ療法も取り入れて治療に当たると、より改善効果が高まると言えるでしょう。










スポンサードリンク



nice!(0) 
共通テーマ:健康

nice! 0